子宮筋腫・不妊・がんの漢方治療相談 駒込 「スコヤカ薬局」

スコヤカ薬局

フリーダイヤル

子宮筋腫・不妊症・がんの治療相談「駒込漢方専門スコヤカ薬局」受付バナー

がん 中国医学 子宮筋腫 更年期障害 生活習慣病

信なくして快癒なし

更新日:

今回はこういうテーマでお話しします。

「信なくして快癒なし」

なんか古めかしい言い方で、科学者は眉をひそめそうな内容ですよね(笑)

 

でもそれは当然のお話なんです。

つまり「信じなければ心地よいとまで思えるような治癒は味わえない」とか、

「信頼性が欠如しているとその効果も低くなる」という意味です。

決してプラシーボ効果(※)のことではありません。

(※プラシーボ効果:偽薬を本物と信じさせて飲ませると改善してしまうこと)

f:id:sukoyaka-kanpo:20171019183455j:plain

ところで、「漢方薬は病気を治す薬である」というのは、

実は「マ~ボ~ロ~シ~!!」(IKKOさん風で!笑)なんです。

f:id:sukoyaka-kanpo:20171019183006p:plain

厳密に言えば、漢方薬は、「その人の体質を是正して、病気を追い出す体をつくる」と言った方がいいのです。

 

そこに必要なのは、飲む量と期間です。なぜなら体質の是正、つまり「それぞれを構成している細胞の機能異常を是正していく」なんていうのは、すぐにできるものではなく、時間のかかることだからです。

 

細胞のサイクルとして

・髪や皮膚が1ヶ月

・筋肉や肝臓が2ヶ月

・骨は数ヶ月~数年

といわれています。

ですので、「それらの異常を是正する」なんていうのは最低数ヶ月はかかるのが当たり前なんですね。

 

さらに、漢方では体質を見るうえで、

・季節変動

・病態の軽減変化

・部位の変化

など様々な要素が時間とともに変化するので、

使う薬の分量や種類が変えていくのが普通です。

f:id:sukoyaka-kanpo:20171019184325j:plain

これらのことを背景にして・・

もし漢方薬を飲む場合、その処方ややり方に対して信用がなければどうでしょう?

また、症状の改善に時間がかかるものほど治療経過はゆっくりだし、漢方薬の微妙な調整が必要になります。

 

それを知らずにちょっと飲んでみて変化がないから「や~めた!」なんていう話ならもったいなですよね。

(もちろん本当に効かないケースもありますので、その見極めも重要です。でもプロならある程度経過をみれば大体わかるものです。)

 

「信なければ快癒なし」とは、そういうことなんです。

現代医学の常識で病気治療に対する考え方を根底にお持ちの場合、まず常識を外していただかないと理解しにくいかもしれませんね(笑)

 

-がん, 中国医学, 子宮筋腫, 更年期障害, 生活習慣病

Copyright© スコヤカ薬局 , 2021 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.