子宮筋腫・不妊・がんの漢方治療相談 駒込 「スコヤカ薬局」

スコヤカ薬局

フリーダイヤル

子宮筋腫・不妊症・がんの治療相談「駒込漢方専門スコヤカ薬局」受付バナー

ホットフラッシュ 更年期障害

ひどい更年期障害を治す方法

投稿日:

40代を過ぎてから・・

イライラしやすくとても気が短くなった・・
突然汗がでるくらい体が熱くなる
肩がこって仕方がない
からだがいつも疲れきっている
徐々に血圧が上がってきた

どれか一つでも当てはまる場合、その症状は更年期障害かもしれません。

どう改善したらいいかお困りではありませんか?

40代、50代の女性にとって更年期障害は悩みの種です。いち早く対策して上手に乗り切りたいものですね。

「更年期」とは女性ホルモンが減少する閉経前後の10年くらいの期間をいいます。

日本人が閉経する年齢は50才前後のことが多いので、更年期に悩みやすいのは45~55才くらいのことが多いようです。

グラフ

上のグラフで言いますと45~55才くらいの赤い線のエストロゲン量がガタガタしていますよね。これがあるために体がガタガタ変化に対応できず、いろいろな不調が起きやすいのです。

起こりやすいのは突然上半身が暑くなったり(ホットフラッシュ)、精神的にイライラしたり、やる気がなくなったり、からだが疲れやすかったり、手足の冷え、耳鳴り、頭痛、めまい、ひどい肩こりなどを感じやすくなります。

なんで更年期障害になるの?その仕組みを知ろう!

普段、脳は血液の中を流れるエストロゲンの量をキャッチしてその量をコントロールしています。更年期になり、閉経を迎えると卵巣からのエストロゲンが枯渇してしまうので、脳がいくら命令をしてもエストロゲンは増えてくれません。すると脳はずっと興奮しっ放しになり、それでもでないので、さらにからだの各所に関係する自律神経というものを異常に興奮させたりします。これが更年期障害が起きる一連の仕組みです。エストロゲンがでにくくなるの仕方がないのですが、脳はそれでも一生懸命頑張っている状態ともいえます。
更年期の症状がお辛いときは自分でもビックリしてしまうかもしれませんが、体の中ではこんなことが起こっていたんですね。

更年期障害の対処法

この原因は卵巣内のエストロゲンの枯渇にあります。だから、人工で作ったエストロゲンを補充するホルモン補充療法が有名です。

また、大豆などに含まれるイソフラボンという成分がエストロゲンと構造が似ており、人工エストロゲンと同じような働きをするので、大豆イソフラボンよりエストロゲンに近いエクオールなどが使われた健康食品が「更年期サプリ」としてやはり有名です。

マンガ

女性写真

『スリーポイント』という考え

そこで考えられる更年期障害への根本的な対策は「スリーポイント」からのアプローチです。

この療法の特徴は、更年期障害は3つのステップによって成り立っているとの考えから、

・3つの原因に”同時にアプローチ”することで症状をいち早く抑えることができる。

・それぞれの刺激量が少ないので副作用のリスクも少なく、またお体全体の調子も改善しやすい。

というものです。

スッキリ

更年期障害の3つの原因(スリーポイント)ってなに?

更年期障害の各種の不調は3つのステップによって起きると考えられます。

その3つとは・・

①女性ホルモン(エストロゲン)の減少

これは閉経が近づくにつれ、女性ホルモンが減少します。これがきっかけとなります。この状態が骨粗しょう症を招きます。

②脳と自律神経の慢性的な緊張

女性ホルモンが年齢的な原因で不足すると、脳はいくつかの手段を使って卵巣を刺激しようとします。それが一時的ならいいのですが不足は慢性的なことになるので脳はずっと緊張しっぱなしの状態になります。この状態が精神的なうつ、不眠、高血圧、めまいなどの不定愁訴を招きます。

③自律神経の一時的な過緊張

それでも女性ホルモンは枯渇しでないので、脳は最終的な手段として自律神経を一時的に過緊張状態にします。これがホットフラッシュ(のぼせ)を招きます。

一般的には「ホットフラッシュは更年期障害の症状であるからエストロゲンを補充すればいい」と考えられていますが、ご症状がひどい場合なら効果が足りず、また婦人科の病気を抱えたりしていればエストロゲン投与は危険なため、改善できないケースがございます。

またホットフラッシュは「ホルモン減少→脳の慢性興奮→自律神経の一過性の過緊張」という一連の流れの最終的に出現する症状ですが、既存の治療では女性ホルモンの補充という1つのみの考え方、またうつや不眠などを伴う場合には精神安定剤などの補助的使用で治療が行われています。なかなか良くならない方でもずっとそれらを続けています。

私は、もしご症状がひどい場合、この過程が実は効率的ではなく、ココに見落としがあるのでは?と考えました。

そこで「だったら3つの要素から症状が成り立つのなら、3つの原因に同時に対処すればいいのではないか?」という考えのもと試行錯誤を繰り返し、漢方薬で3つ原因に同時に対処する「スリーポイント」という方法をご提供するに至ったのです。

更年期障害に対するこれまでの治療とスリーポイント療法による考え方の違い

ここでは、スリーポイントの考えがなぜ効率的か?をご理解いただくため、「重いものを持つイメージ」でご説明します。例えば1個5㎏くらいあるオモリを3個持つことを考えてみましょう。(そしてこのオモリの重さ分が改善に必要な治療の刺激量、つまり15㎏持たないと治らない、とします。)

重りのみ

左の図)例えば片手でオモリ3個分(15㎏!)を持つのはとっても大変ですよね・・。この場合たとえば1か所を「ホルモン補充だけ」とすると。お体にとって強い刺激をしなければならず、また強い刺激であれば耐性(刺激に慣れて効果が少なくなってしまう現象)も起きやすくなります。

右の図)一方、このオモリ左右の手で5㎏ずつ、さらに頭の上に5㎏を持てば、片手で15㎏を持つよりラクチンです。この場合、3カ所(スリーポイント)でこのオモリ(治療アプローチ)を分けて持てばお体各所への負担が軽くなり容易に持てるようになります。

更年期障害を改善させるにも同じことが言える・・・・

更年期障害の根本的な原因はエストロゲンの不足です。症状が軽ければエストロゲンの補充だけも容易に改善していくでしょうが、もしが重い場合、この1つの手段だけでは効率が悪く、なかなか改善に至らないのです。また、いつまでも1つの刺激ばかりでは「耐性」(薬に体が慣れて効きにくくなること)や、薬量が多すぎることでの副作用に悩まされることになります。「いろいろな治療をしているけど治らない」という方の大半はここに原因があると考えてよいでしょう。

一方、そのような一手段だけの治療の欠点を補充すべく、更年期障害を引き起こす三点(スリーポイント)の原因に同時に対処していけば、ひどい症状でも効率よく一気にコントロールできるため、いち早く改善させることができるのです。

つまり、スリーポイントなら・・・

◎「それぞれの治療負担が少なくて済む」

◎原因(ホルモン不足)→過程(脳と自律神経の興奮)→結果(自律神経の過緊張=ホットフラッシュ)に同時に対処するので改善が早く、かつその状態を持続しやすい

というメリットがあるのです。

-ホットフラッシュ, 更年期障害

Copyright© スコヤカ薬局 , 2021 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.