子宮筋腫・不妊・がんの漢方治療相談 駒込 「スコヤカ薬局」

スコヤカ薬局

フリーダイヤル

子宮筋腫・不妊症・がんの治療相談「駒込漢方専門スコヤカ薬局」受付バナー

ホットフラッシュ 更年期障害

ひどいホットフラッシュはどう対応したらよいか?

投稿日:

さて、前回

「あなたの「ひどいホットフラッシュ」が治らない原因

のつづきです。

 

要約すると、

ホットフラッシュは3つの要因で起きているのに、1つの要因にしか対処していない。

重症でなかなか治らない場合、これが治りにくくしている原因です。

 

3つの原因に対する、それぞれの治療を3つのオモリを持つことに例えてみましょう。

f:id:sukoyaka-kanpo:20170920160840j:plain

この方の「右手で5㎏のオモリを一気に3つもつ」のと、

「両手と頭に載せてそれぞれ1つずつ持つ」のとどちらが楽でしょう

そうですね。右側の方が簡単に持てますよね。

 

あくまでイメージなのですが、治療もこのようなことが言えないでしょうか?

エストロゲンの補充のみどんどん強く、多くしていく」のと

「エストロゲンの補充だけではまかなえない、他の原因にもそれぞれ治療していく」

 

このようにできれば治療は効率的にできるようになります。

少なくとも、より改善に近づくことができます。

 

こうした考えで生まれたのが「スリーポイント」という漢方改善法の概念なんです。

こうして書くと「これで万事一発で完全治癒!」などと思われてしまうかもしれませんが、それは過度な期待です(笑)

 

更年期障害はある意味、生理現象であり、ゆっくりとした体質の変化でもあります。だから「それを完全否定して何事もなかったようにする」なんてなかなか難しいです。(脳には脳の正当な理由がありますのでわかってあげてくださいね!)

f:id:sukoyaka-kanpo:20170920162252j:plain

では、どうやるかというと、逐一この改善方法を利用するのです。

例えば、まず3ヶ月やって「ひどいホットフラッシュ」を当面治める・・、その後、数カ月後にまたでてくるようなら、もう1,2ヶ月やってみる・・。といった感じで年に数回のペースで1、2年くらい行っていくのがよいやり方です。

f:id:sukoyaka-kanpo:20170905140209j:plain

 

 

 

-ホットフラッシュ, 更年期障害

Copyright© スコヤカ薬局 , 2021 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.