子宮筋腫・不妊・がんの漢方治療相談 駒込 「スコヤカ薬局」

スコヤカ薬局

フリーダイヤル

子宮筋腫・不妊症・がんの治療相談「駒込漢方専門スコヤカ薬局」受付バナー

ホットフラッシュ 子宮筋腫 更年期障害 補腎

「子宮がんや子宮筋腫のある方の更年期障害対策」のつづき

投稿日:

前回

「子宮がんや子宮筋腫のある方の更年期障害対策」

の続きです。

 

子宮筋腫や乳がんリスクのある方の更年期障害対策は

「エストロゲンの量」からちょっと視線をずらしてみましょう。

 

それは量だけの問題ではなく、流れの問題です。

漢方では、量の問題は「補腎」流れの問題は「活血」といいます。

 

下の図を見てみましょう。

f:id:sukoyaka-kanpo:20170922235338j:plain

例えば、子宮内の血流がスムースであると、流れてくるエストロゲンももちろんスムースに流れますよね。そうすると組織の方ではエストロゲンがキャッチしにくくなり、エストロゲンのリスクが減らせますよね。

 

このように、エストロゲンにリスクのある症状というのは、

①多いとか少ないとか、エストロゲンの量の問題

②血流が悪くてエストロゲンがたまっていないか?など流れの問題

というの大きな2つの問題があったわけです。

そこを現代医学では「量の問題」しか見ずに、またその問題だけで解決をしようとするから、矛盾があったり、その他の解決策がでてこなかったわけです。

 

最後にまとめますと・・・

子宮がんや子宮筋腫のある方の更年期障害対策」は、まずはなにより「活血が大事」だということを知ってくださいね。

f:id:sukoyaka-kanpo:20170922183553j:plain

水流に勢いがあれば、水はきれいになり、酸素も豊富で生き物もイキイキ!

血流だって全く同じ話です。

f:id:sukoyaka-kanpo:20170906143010j:plain

 

-ホットフラッシュ, 子宮筋腫, 更年期障害, 補腎

Copyright© スコヤカ薬局 , 2021 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.